≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝復活(華もだん)





まだ真夏の頃に、神楽坂「華もだん」の料理長が大変な交通事故に遭遇した。
オートバイで仕入れに行く途中に、トラックに激突されて、ICUに入っていると聞く。
一命は取り留めたが、年内に復帰するのは難しいほどの大怪我だったらしい。
店を休んでも家賃は発生するから、女将が獅子奮迅で営業を続けていたが、料理の数は減り、日本酒の品切れが増えて、私が料理人だったら手伝いたいほどの状況になってきた。
その料理長が奇跡の復活と聞き、さっそく筑土八幡近くの華もだんに行く。


h20316.jpg


h20328.jpg





まだまだリハビリが続くようだが、元気そうな顔を見てホッとする。


h20314.jpg


h20308.jpg





三種のお通しも健在だ。


h20331.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩酌率100%の蕎麦屋(そば匠 やぶいず)






休日の夕方。
娘は友人の結婚式で横浜に行っている。
夫婦二人で家で食べても、ほとんど会話が無い。
見たいテレビもあまり無い。
では外食するかと思っても、これから電車に乗って遠くに行く気はない。
ご近所の竹政、喰酔たけし、海音には行ったばかりだ。
蕎麦、寿司、イタリアンと候補を挙げるが、二人の意見が一致しない。
結局徒歩15分ほど離れているが、「そば匠 やぶいず」に決めた。


y713266.jpg




18時ジャストに到着すると、店内は半分ほど埋まっている。


y713286.jpg




まずビールを頼んでから、卓上と黒板のつまみメニューを見る。


y713295.jpg


y713282.jpg





ビール用にポテトフライ。


y713285.jpg



≫ 続きを読む

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年ぶりの保谷飲み(すし割烹 福原)





かつて保谷駅近くに、なんと1,600坪の敷地を有する中華料理店「保谷武蔵野」があった。
元は昭和初期に建てられた豪農の屋敷だったらしく、かぶき門や鯉が泳ぐ池があり、なんとも贅沢な造りだった。
はっきり言って味は残念レベルだったが、夏になると広い日本庭園がビアガーデンになるので、二回ほど飲みに行ったことがある。
10年ほど前に保谷武蔵野が閉店してからは、アルカションにケーキを買いに行くぐらいで、夜に保谷駅で降りることは無くなった。

最近ブログ経由で、保谷駅に寿司屋ができたと情報を頂いた。
情報をくれた方自身は入ったことがないのだが、周囲の人の評判がいいと言うのだ。
ネットで検索すると、ヒトサラというサイトに店の宣伝記事が出ている。
つまみの種類が多く、値段も手ごろなので、妻を誘って探検しに行った。


f66119.jpg




暖簾の隙間から店内を覗くと、テーブル席に一組先客がいるだけで、カウンターはガラガラだ。
少々不安を感じながらも店内に入る。


f66120.jpg




開店して一年も経っていないらしいが、外観も内装も古びている印象だ。
おそらく居抜きだろうから、古くても清潔なら気にならない。


f66121.jpg




寿司屋にしてはかなり豊富なつまみのメニューを見る。


f66123.jpg


f66124.jpg




ビールを飲みながらじっくり検討する。


f66138.jpg


≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴチになります




夏前に体重が80kgを超え、アラスカの旅でさらに3kgほど増えた。
昼夜ビールを飲んで、ピザと揚げもの三昧だったから、アメリカ人のオジサン的体型に近付いてしまった。
これではイカンとダイエットを始め、中間目標として誕生日までに80kgを切ろうと思う。
そして誕生日当日の朝。
パジャマ姿で体重計に乗ると、80.4kgだ。
長風呂に入って汗をかき、素っ裸で再度測ると、めでたく79.9kgになっていた。


誕生日の夜は、妻がフォーシーズンの食事を予約していた。
江戸川橋駅で降り、椿山荘の庭を散策してからホテルに入る。


fs01.jpg


fs02.jpg


fs03.jpg





今夜は日本料理の「みゆき」が主催する、「紅葉の色づく頃」というイベントなので、カロリーは高くないだろう。


fs04.jpg


fs05.jpg





バンケットルームでの会食なので、広々し過ぎて少々落ち着かないが、料理は期待できそうだ。
それに東北の日本酒三種が飲み放題らしいので、ダイエット中ではあるが、かなり嬉しい。


fs06.jpg


fs07.jpg





食前酒は「たまサイダー」だ。


fs08.jpg



ほとんどカップル客ばかりだろうと思っていたのに、意外にオジサン同士や男性の団体客が多く、女性だけのグループは見当たらない。



≫ 続きを読む

| 茗荷谷・後楽園・江戸川橋 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

半歩進んで二歩下がる


ダイエット決行初日は居酒屋たけしで飲んでしまった。
帰宅してから即寝せず、ダンベルと腹筋をやる。
翌日も上石神井まで歩き、昼はごく軽めに食べる。
食後の散歩をしていると、"ばるべにー"くんから、今夜飲みませんかとメールが来た。
酒の誘いに弱い私。
地元の焼鳥屋「鶏彩」で現地酒~豪する。


tks012.jpg




私より太めな"ばるべにー"くんを見て、根拠の無い安心感を得る。
枝豆と大根サラダから始めて、焼き鳥をいろいろつまむ。


tks013.jpg


tks014.jpg


tks015.jpg


tks020.jpg


tks021.jpg


tks022.jpg




少しだけ増えていた日本酒から、弥右衛門雪の茅舎南部美人の東北トリオを飲む。


tks016.jpg


tks017.jpg


tks019.jpg




さらに"ばるべにー"くんに試してほしかった、白河の普通酒。
意外に旨いのがうれしい。


tks018.jpg




禁断の唐揚げも食べてしまった。


tks023.jpg



≫ 続きを読む

| 石神井公園(焼き鳥・焼きとん) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

想定外の中杉通り(太鼓屋&PAUSE)

都立家政の焼鳥店Hajimeに入る前に、近くにいい感じのイタリアンがあるのを見つけた。
二次会はここでワインでも飲もうかと思っていたが、店を出ると意外に涼しいので、鷺宮の蕎麦屋「太鼓屋」に方針変更する。
Hajimeから太鼓屋までは、歩いても近いのだ。


haj23.jpg


haj24.jpg



いつも座るカウンターは先客で埋まっているので、テーブル席にする。
軽く東北酒を飲んでから蕎麦で〆るつもりだ。


haj35.jpg



客席まで出てきた店主に、何がオススメか聞いていると、カウンターに居た美人客と目が合う。


bita003.jpg




オー、先日石神井公園の喰酔たけしで会った美人たちじゃないの!
美人たちも私を覚えていたので嬉しくなり、阿部勘を二種飲んで、とりあえず茶豆と湯葉をつまむ。


haj28.jpg


haj26.jpg


haj27.jpg



もう一人友だちが合流すると美人たちが言う。
しかもさらに美人だと聞いては、顔を見ないでは帰れない。
10分前までは軽く日本酒を飲んで、蕎麦で〆る予定だったのに、次々に一升瓶を林立させてしまう。


haj29.jpg


haj30.jpg


haj31.jpg




するとお待ちかねの第三の美人が現れる。





!!!





なんと某所で定期的に顔を合わせる制服美人ではないか!
いつも事務的な話しかしたことがなく、私服は初めて見たが、いいねー。
ますます嬉しくなって、さらに杯が進む。


haj32.jpg




しまいには画像がブレてるし。


haj34.jpg


haj58.jpg


haj57.jpg


まったくアホなオッサンだ。


≫ 続きを読む

| 野方・都立家政・鷺ノ宮 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かすがいクンと赤坂の夜(馳草 宮わ)

私と妻は学生時代からの付き合いだから、すでに人生の半分以上を一緒に過ごしている。
付き合っていた頃は、家の黒電話で毎日のように長話していたのに、今ではメールも電話も用件のみだ。
息子は独立し、娘は渡米中なので、家で二人きりで食事してもつまらないから、外食が多くなる。
顔見知りが居る方がおもしろいので、地元の行きつけ店に行く回数が増えるのだ。
この日は妻が赤坂に用事があり、どこかで飲もうと言い出したので、ばるべにークンにも付き合ってもらう。
妻と二人きりなら、「せっかく赤坂に来たんだからワインが飲める店がいいわ」と言うに決まってるし、会話も弾まないだろう。
ばるべにークンが居れば日本酒の店に行ける。
子は"かすがい"ならぬ、ばるべにークンが"かすがい"だ。


ask01.jpg



どこも予約していないが、まだ早い時間だから、5軒ぐらいある候補店のどこかに入れるだろう。
赤坂に着いてから「馳草宮わ」に電話すると、「席は空いているが、お酒を飲みますか?」と聞かれる。
もちろん飲むに決まってると答える。
最近は酒を飲まずに食事だけする客が多いので、営業的に困っているのだそうだ。
テーブル席を確保して、「宮わ」に向かう。


ask02.jpg


ask05.jpg



エビスで乾杯し、二種のお通しをつまむ。
とうもろこし豆腐が美味い。


ask15.jpg


ask07.jpg




すぐに出るつまみから茄子とポテサラを選び、さっそく日本酒に切り替える。
モヒカン娘長珍、喜久だ。


ask09.jpg


ask13.jpg


ask08.jpg


ask06.jpg



モヒカン娘があるってことは、酒の仕入れは新井薬師のあそこだな。
美味い美味いとつまんでいると、最初に頼んでおいた刺身と、海苔のサラダが登場する。


ask10.jpg


ask11.jpg


ask03.jpg


≫ 続きを読む

| 赤坂・乃木坂 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。