≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪ニモマケズ(吉扇)





一緒にアラスカ旅行に行った友人の一人が誕生日なので、銀座の寿司屋「吉扇」のカウンターを貸し切りで予約した。
当日は雪の予報だが、楽しみにして銀座に向かう。


gk51.jpg




吉扇はエルメスの真裏で、コーチの隣りという好立地だが、周囲はブランド店が立ち並び、日本の店は肩身が狭い。
欧米か?!


gk52.jpg


gk53.jpg


gk54.jpg





狭い階段を降りて行く。


gk55.jpg


gk56.jpg





少々遅刻したので、すでに一回目の乾杯を終えて宴は始まっている。


gk57.jpg


gk58.jpg


gk59.jpg





私も最初はビールを飲み、すぐに日本酒に切り替える。
この日用意されていたのは、日高見楯野川水芭蕉八海山越後で候の四種だ。
八人居るので、二合入る酒器がどんどん空いて行く。


gk60.jpg


gk62.jpg


gk63.jpg





次々に出てくる魚介をつまんで、幸せな気分だ。


gk64.jpg


gk65.jpg


gk66.jpg


gk67.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 銀座・築地・新橋 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寿司で幸せ



酒が好きな友人たちと、4人で寿司を食べに行く。
今夜もおまかせで、つまみから出してもらう。


hmt31.jpg


hmt32.jpg


hmt33.jpg




日本酒は獺祭鯨波根知男山から。


hmt34.jpg




hmt35.jpg


hmt36.jpg


hmt37.jpg





鍋島石鎚いづみ橋


htm43.jpg


htm44.jpg


htm45.jpg





うまいもの連発で、幸せ度MAXだ。


htm38.jpg


htm39.jpg


htm40.jpg


htm41.jpg


htm42.jpg




≫ 続きを読む

| ヒ・ミ・ツ | 15時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

危険な夜(成蔵)




煙草をやめてから、体重増加が続いている。
食べ物も酒も美味い秋なので、毎朝石神井公園を30分ほど散歩するぐらいでは、デブ化に歯止めがかからない。
そろそろ禁アブラや禁オヤツしないとマズイかなと思い始めた矢先に、素敵な店を見つけてしまった。
セーブして適度に食べればいいかなと、高田馬場の串揚げ店「成蔵」に行く。


蔵た1


蔵7




ランチタイムはとんかつがメインなので、昼も夜も揚げ物なのだが、店内は綺麗で油っぽさは全く無い。
オープンしてから日が浅いせいか、19時過ぎなのに口開けの客として入店する。


蔵8


蔵9




突き出しの生野菜でビールを飲む。


蔵1


蔵マヨ


蔵5




日本酒は5種ほど置いてある。
初めて飲む亀齢には、珍味の三種盛り合わせを合わせる。


蔵た3


蔵3




八海山の純米吟醸も飲んでみる。


蔵た2




ランチタイムは夫婦で営業しているが、夜は店主と後輩のイケメンコンビだ。
一緒に行った飲み友曰く、「ニノとイチロー」だって。
ニノ似の店主は若く見えるが、御成門の「燕楽」で10年以上働き、その後どこかで串揚げを勉強したベテラン料理人だ。
いよいよ禁断の揚げ物をオーダーする。
ストップをかけるまで永遠に出てくる「店主おまかせ」は危険なので、黒板から控えめに選ぶことにした。


蔵4




牛カルビに花車海老。


蔵2




大アスパラガスに銀杏。


蔵10


く16




子持ちこんにゃくにチーズ生ハム。


く19


く6




ピンクソルトやソースを付けなくても充分に美味い。


蔵11




PANKOさん作のパン粉をまとった串揚げは、軽くていくらでも食べられそうで怖い。


蔵6

≫ 続きを読む

| 高田馬場 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎日が日本酒の日(稲毛屋)

本日10月1日は、日本酒の日なのだ。
酒はサンズイに酉と書く。
酉は十二支の10番目だ。
現在は毎年7月1日から始まる酒造年度は、昭和40年(1965年)以前は10月1日からだったとのことで、この日に蔵元は酒造元旦を祝ったらしいのだ。
よほどの日本酒好きか、日本酒業界の人以外には知られていない「日本酒の日」の直前に、千駄木の鰻屋「稲毛屋」で、日本酒の会が開かれた。
西日暮里駅で待ち合わせ、不忍通りに面した「稲毛屋」まで歩いて行く。

稲毛外0009


この店の近くに住んでいた友人と、おそらく20年近く前に鰻を食べに来たことがあるのだが、当時は少し値段が安い下町の鰻屋ぐらいの印象だった。
いつの間にか様々な日本酒会が開かれる、日本酒好きが集まる店として知られるようになり、改装されてピカピカに綺麗になっていた。
店主と日本酒担当の女性が出迎える入り口から、一階のカウンターとテーブル席を横目に、二階の座敷に上がる。

稲毛暖簾0014

稲毛一階0006


二階は靴を脱いで上がる板の間だ。
開始時間ちょい前に到着したのに、すでに酒好きメンバーのほとんどが揃っている。
今まで色々な酒の会に出たが、どこも遅刻者がほぼゼロなのがスゴイ。

稲毛下駄箱0008

稲毛2F


この夜の酒は、千葉市の「シマヤ」セレクトで、長野県佐久市の「澤の花」と、千葉県成田市の鍋店(なべだな)が作る「不動」と聞いていたが、急きょ新潟の八海山も加わったようだ。
約20名の参加者の中には、私も愛用する酒燗器「かんすけ」の社長や、純米酒普及推進委員会の委員長である漫画家など玄人も居るが、全員に共通しているのは日本酒が好きなことだ。

稲毛20

稲毛案内0016


参加者を迎え撃つのは、一升瓶換算で20本以上の日本酒だから、どれだけ飲んでも大丈夫だろう。
最初からテーブルに用意されていた、三種の酒をブラインド試飲し、さっそく不動の純米大吟醸で乾杯する。

稲毛三本0007


この試飲が、最後にクイズになると知っていたら、もっとマジメに飲んでたのにね。

稲毛利き0011

不動大吟醸0002


不動の純米吟醸吊るし搾りしずく酒、山廃純米、にごり酒、山廃純米の長期熟成酒、超辛口あたりまでは、一応撮影もして、味を確かめながら飲む。

不動純米吟醸0002

不動山廃0001

不動にごり0001

不動熟成0003

不動超から0004

稲毛仕込み0010


蔵元から二人も同席していたので、普段は積極的に飲まない八海山も、三種ほど味わってみる。
彼らが持参してきた、八海山大吟醸の酒粕で漬けた「寶漬け」がメチャ美味い。
酒よりも気に入ってしまい、申し訳ないが、これなら取り寄せしたいほどだ。

八エチゴ0005

稲毛奈良漬0013

≫ 続きを読む

| 西日暮里・鴬谷・上野 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

目からウロコ(喰酔たけし)

私が30年ほど前に初めて日本酒を飲んだ頃は、手に入るのはほとんど兵庫の灘か、京都の伏見の製品だった。
飲み過ぎると口の中が甘ったるくなったり、二日酔いになったりといったことがシバシバ起きた時代だ。
これはまだ酒の飲み方が未熟だった、自分の責任でもあるのだが。
当時は日本酒に関する情報はほとんどなく、テレビで宣伝している銘柄が美味しいのだと思い込んでいた。
ハンディタイプのワンカップや、流通コストを下げるための紙パックも、灘や伏見のメーカーが開発したので、日本酒の普及に貢献したことは確かだが、大量生産するために調味料や醸造用アルコールを添加したのは、認めた国の責任が大きい。

阪神大震災前に、灘まで蔵を見に行ったことがあるが、酒造りに欠かせない水は「宮水」と呼ばれ、組合で厳重に管理されていた。
六甲山の花崗岩の間を通った伏流水が、瀬戸内の海水を含んだ土地まで降りてくる間に、豊富なミネラルと塩分を含んで、酒母菌の栄養になるらしいのだ。
酒造好適米も兵庫県では多く栽培されているので、昔ながらの酒造りを行っても、絶対に美味しい酒が出来る条件は揃っているのに、大メーカーの化学プラント酒のイメージが強すぎるのは残念だ。

たぶん20年ほど前に、地酒ブームが起きる。
新潟の淡麗辛口酒が人気になり、越乃寒梅、八海山、雪中梅、久保田などは、プレミアム価格で売られるほどだった。
希望小売価格を大きく上回る、とんでもない値段で売っているので、よほど美味いのかと思って買ったら、なんだか薄くて美味くなかったなんて、逆効果な感想を持つ人も増えた。

10年ほど前から日本全国に美味い酒が増え、情報は氾濫しているし、流通も整備されたので、東京に居ながらにして、飲みきれないほど多くの地酒が飲める。
日本酒に力を入れている居酒屋は、灘、伏見、新潟の酒を扱わない場合も多い。
昨年末に京都に行き、伏見にも美味しい酒がたくさんあることを再認識したが、過去のイヤな記憶は完全に拭い去られてはいないのだ。

地元の居酒屋たけしに行くと、いつも目新しい酒を仕入れてある。
今宵も地元駅で降り、商店街を通って日本酒を飲みに行った。

たけ商店街0003


銘柄をオマカセにすると、好みの酒がピタッと出てくるのだが、この夜最初に出されたのは、かの有名な新潟の八海山だった。

たけ八0004

「なんだよ、大丈夫か?」と聞くと、
「だまされたと思って飲んでくれ」と言うので、
だまされて飲んで見る。


お!、美味いね。
特別純米原酒は初めてだ。


次に出されたのは、山形の出羽桜だ。
これも一時プレミアム価格がついたことがあり、敬遠気味の酒だった。

たけ出羽雄町0005

これもなかなか美味い。
すっかり目からウロコが落ちたところで、美味い魚介を合わせる。

たけうに0001

たけ牡蠣0005

たけ刺し0001

いつも仕入れに気合が入っているので、刺身の質も鮮度もかなりレベルが高いのだ。

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。