≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魚魚ー(魚秀)



夕方になってから、妻と吉祥寺に買い物に行く。
買い物を終えてから飲むつもりなのでバスだ。
目的の店以外も色々見たので、気がつくと20時を回っている。
妻はワインが飲みたいと言うが、私は聞く耳持たずに、日本酒の店に電話を入れる。
満席で二軒に振られ、ヨドバシ裏で探すことにした。
おそらく満席だと思っていた「魚秀」が、たまたま2席空いていた。


h2548456.jpg


h2548457.jpg


h2548458.jpg




炭火で魚介を焼く匂いと、満席の喧騒が充満して、活気あふれる店内だ。
店主の出身地である青森を、ねぶたのディスプレイで感じる。


h2548436.jpg


h2548461.jpg


h2548437.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今夜も酒浸り(日本酒バル酒趣)





日本橋の「蛇の市本店」で行われた辨天娘の会で、向かい側に座った青年に見覚えがあった。
神楽坂の某店に居たと言う。
後日神田紺屋町にオープンする日本酒バルを、蛇の市の五代目がプロデュースしており、その新店の店長を任されるらしい。
あれから一ヶ月以上が経ち、オープニングパーティーの案内をいただいた。
当日は訪問前に開店祝いを買おうと、三越前で下車して島根館に行く。


j2333976.jpg




ここで十字旭日の試飲即売会をやっているのだ。


j2333994.jpg




試飲コーナーの前にはマニアックそうな人たちが群がって、あれこれウンチクを傾けながら飲みまくっている。


j2333978.jpg




やっと人を掻き分けて前に進み、島根から来ている寺田夫妻の説明を聞きながら、普段は飲めない何種かを試飲させてもらい、酒趣に持参する酒を選ぶ。


j2333983.jpg


j2333996.jpg





三越前から歩いて酒趣に向かう。
神田紺屋町界隈は、その町名から推測されるように江戸時代には染物屋(紺屋)が多く、今でも問屋や小さな会社が建ち並んでいる。
昼間人口は多いだろうが、夜間人口はほぼゼロではないかと思われる町だ。
土曜日のこの日は人通りがまったく無く、ポツンと酒趣だけ営業していた。


s2333982.jpg



≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アクアパッツァで日本酒(喰酔たけし)



開店時間と同時に地元居酒屋「喰酔たけし」の階段を上がる。


8ks01.jpg




すりおろした生生姜で作ったジンジャーハイボールがスターターだ。
生生姜のハイボールを飲みつけてしまうと、別の店のやつは水っぽくてつまらない。


8ks02.jpg




メニューの半分は日替わりなので、検討するのに時間がかかる。
先に日本酒を出してもらい、お通しをつまみながらじっくりと考える。


8ks06.jpg


8ks03.jpg


8ks05.jpg


8ks04.jpg


≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感涙寿司屋(廣鮨)

ばるべにークンの第二の故郷である白河には、たったの一泊で来ている。
あの店も行きたい、この店も行きたいと思っても、時間と胃袋に限りがあるので、銀座の作戦会議で二軒を厳選しておいた。
初白河の一軒目は、ばるべにーブログを見る度に羨ましく思っていた「廣鮨」だ。
西郷村にある宿まで迎えに来てくれた車に乗り、白河の市街地に向かう。
他の地方都市と同じく、郊外にあるヨークベニマルやイオンなどの大型店に客が流れたせいか、白河駅前の商店街には人の姿が見えない。
車は親不孝橋を渡り、「廣鮨」がある向新蔵に入る。
かつて谷津田川の向こう側は花街として栄えていたことから、親不孝橋と呼ばれていたようなのだが、昔日の面影は消えて、向新蔵は静かな住宅街になっている。
廣鮨が見えた!


his01.jpg




ばるべにーくんが夜な夜なけーさんと酒を酌み交わしている廣鮨の暖簾を、200km離れた石神井公園の夫婦が潜ることになるとは、感無量なのだ。
あの猫も居るし。


his02.jpg




カウンターに横一列に座り、強面の大将に挨拶してビールで乾杯する。


his03.jpg


his04.jpg




白河の二人は、腹を落ち着かせるために「まず二貫」などと言っている。
大間の鮪に鯖とは、贅沢極まりないスターターだ。


his05.jpg




我々は寿司を後回しにして、まずつまみからお願いする。
鱧の梅肉和えが出てきた。


his06.jpg




続いては見るからに美味そうな刺身だ。
ここでけーさんのサインを受け、女将がずらりと酒をカウンターに並べる。
会津若松の寫樂会津娘、猪苗代の七重郎、喜多方の弥右衛門2種と奈良萬の6本だ。


his10.jpg


his07.jpg




なんと、けーさんが前日に持ち込んでおいた福島の酒たちだ。
会津娘の花さくらから御馳走になる。
この酒器まで持ち込みだと言うし、さらには白河組が使っている箸は名前入りだ。
置き酒、置き酒器、置き箸までしている二人もすごいが、それを認めている店はもっとすごい。


his08.jpg


his09.jpg


his12.jpg


his15.jpg


≫ 続きを読む

| 白河・那須 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福島人と福島酒(海音)

週2回の社交ダンスに加え、華麗な交友関係との会食で不在がちな妻に比べ、くたびれたオジサンの私は、週に何回か一人で自宅飲みか地元飲みしていた。
我が家から数軒隣りの実家に、福島から"ばるべにー"クンが逆単身赴任で一年間戻ることになったので、お互いの心の隙間を埋め合っている。
ばるべにークンはブログを休止しているし、奥さんは一人で三人の子育てをしているのに、本人が私のブログに度々登場して、ハシゴ酒しているのはいかがなものかと言われそうなのだが、事実だから仕方ない。
地元石神井公園の日本料理店「海音」に、まだ行ったことがないと言うので、今宵も男同士でカウンターに座る。

4kai001.jpg

4kai01.jpg



最近は福島以北の日本酒ばかり飲んでいたので、ビールで喉を潤した後は、栃木の大那から始める。

4kai02.jpg

4kai10.jpg



前菜盛り合わせで、同じく栃木の四季桜を飲む。

4kai03.jpg

4kai11.jpg


≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福来たる

行きつけの飲食店が一様に驚き怪しむほど、福島から逆単身赴任している"ばるべにー"クンと飲む回数が増えた。
なにしろ男性とサシで飲むことなど、仕事絡み以外には無かった私なのだが、日本酒と地元の話題が共通だから、意外に楽しく男同士で酒場を徘徊している。
白河市に一時帰省していた"ばるべにー"クンが、福島の日本酒を持ってきたので、久しぶりに自宅で晩酌することにした。
デジカメで見せてもらった職場は、度重なる余震で震災直後より酷くなっている。
日本酒の蔵元には100年以上前の建物も多いから、相当なダメージがあっただろう。
福島の日本酒を心して頂く。


jf01.jpg

jf02.jpg

jf03.jpg



会津娘奈良萬は、白河の飲み友けーさんからの頂き物だと言うから、ありがたく頂戴する。
白河市の兄弟杜氏が作る登龍は初めて見た。
ばるべにーブログに登場するたびに、うらやましく思っていた酒だから、かなり嬉しい出会いだ。
だんだん酔ってきて、ばるべにー妻のヨメベニーに電話させ、絡んだような気がする。


≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

焼鳥屋の豚(あみ連)

※残念ながら閉店しました。
日本酒を飲める店が一つ消えてしまった。





練馬駅で途中下車して、飲み屋街の真っ只中にある焼鳥屋「あみ連」に行く。

ami0001.jpg

ami03.jpg

ami01.jpg

ami02.jpg



店主が会津若松の鶴乃江酒造に行ってきたばかりだと言うので、まずは永寶屋から始める。

ami05.jpg

ami06.jpg

4ami07.jpg



焼鳥は5種おまかせにする。

4ami08.jpg

4ami09.jpg

4ami10.jpg

4ami13.jpg


≫ 続きを読む

| 桜台・練馬 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。