≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泥酔の夜(稲毛屋)

ここ一年で13回の日本酒会に参加している。
妻と一緒に参加した会や、地元開催は無事なのだが、帰り道に一人で電車に乗った時は、例外なく乗り過ごしたり、忘れ物に泣いたりしているのだ。
だいたいの日本酒会は、会費制でたっぷりと銘酒が用意されているし、女性の参加者がかなり多くて楽しいので、いつもの酒量を大幅に越えてしまうのだろう。
二ヶ月ほど前に行った千駄木の鰻屋「稲毛屋」で、また日本酒会があるとご案内いただいた。
妻は先約があると言うので、地元の飲み友を誘って参加する。
これできっと無事に帰れるはずだ。

稲看板0018


当日用意される酒は、事前にメールで連絡をいただいていた。
主催者が好みを酒屋に伝え、一緒に選んだ酒たちだ。
開会されるやいなや、次々に一升瓶を回しながら飲んで行く。

稲テーブル0013


山形県からは七種。
雅山流純米大吟醸責め、十四代中取り純米吟醸雄町、十四代本丸、出羽桜一耕純米、くどき上手の愛山、出羽の里、雄町の純米大吟醸三種だ。

稲雅0015

稲十四0005

稲本丸0010

稲くどき0001

稲くどき愛0002


秋田県からは一白水成純米亀の尾、白瀑の山本純米吟醸。

稲山本0008


福島県からは奈良萬純米大吟醸と、飛露喜の地元銘柄である泉川の純米吟醸。

稲奈良0007

稲泉0012


新潟県の鶴齢特別純米に、石川県からは天狗舞が作る五凛、菊姫山廃純米、手取川純米吟醸の三種。

稲鶴0017

稲五0004

稲菊姫0014

稲手取0009


神奈川県の天青純米防空壕貯蔵に、静岡県の磯自慢青春。

稲天青0006

稲青春0016


三重県の而今純米吟醸、広島県の竹鶴にごり酒、山口県の東洋美人純米吟醸。

稲竹0013

稲東洋0011


小さなグラスだが、20種ほど飲めば酔うはずだ。

稲グラス0003


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 西日暮里・鴬谷・上野 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深夜のホッピー

目標としている悠々自適には程遠い生活が続いている。
この日も仕事で遅くなり、地元に戻ってどこかで食事することにした。
一人酒は侘しいので、隣り駅で飲んでいた妻を呼び出し、23時過ぎに「喰酔たけし」に行く。

たけ樽0001

あらら、この時間でもほぼ満席だ。
歓送迎会の季節だからかな。
唯一空いていたテーブル席に着く。

たけ棚0005


まずは珍しくホッピーの黒から始める。
プリン体ゼロだからね。
ホッピーとは瓶に書いてある通り、ノンアルコールの麦芽醗酵飲料で、ビール味だ。
焼酎が入ったグラスにホッピーを注ぎ入れ、好みの濃度にする。
だいたいホッピー1本で、3、4回は中(焼酎)をお替りできる。
たけしで中は150円だ。

たけホッピー0001


健康のためにホッピーだけで済ませようとも思ったが、やはり日本酒も飲みたくなる。
結局いつも通りに何合か飲んでしまった。
奥播磨の純米おりがらみ。
たけ奥播磨0003


の純米吟醸雄町中取り。
たけ貴0001


天狗舞の蔵元が作る、五凛の純米生酒山田錦。
たけ五0002

たけ酒器0005


さらに黒龍の吟醸垂れ口に、広島の寶剣
たけ黒0006

たけ寶0004

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぐるくんで蕎麦屋酒(太鼓屋)

杉並区の阿佐ヶ谷あたりから、西武新宿線の鷺宮駅を通り越して、西武池袋線の中村橋駅付近までをつなぐ中杉通り。
中杉通りの「杉」は杉並区のことだと思うが、「中」は鷺宮のある中野区なのか、中村橋なのかはわからない。
この中杉通りに面して、鷺宮駅からも近い蕎麦屋「太鼓屋」に行く。

太鼓暖簾0008


あらかじめ電話で確保しておいたカウンター席に座る。
店内はぎっしり満席で大盛況だ。

太鼓瓶0004

太鼓泡盛0003


最近発売されたdancyuに掲載されたらしく、大人気だと言う五凛喜久酔から始める。

太鼓五凛0004

太鼓喜久0005


ここの店主は沖縄料理店に居たことがあるので、普通の蕎麦屋では見かけない酒肴を揃えている。
そんな品書きの中から、豆腐羹とタカサゴの唐揚げを選ぶ。
タカサゴは沖縄を代表する魚ぐるくんの別名らしい。

太鼓豆腐よう0005

太鼓ぐるくん0001


さらに東村山の酒である屋守(おくのかみ)と、新潟の鶴齢(かくれい)をもらう。

太鼓屋守0007

太鼓つる0003


蕎麦屋らしいつまみの鳥わさも追加する。

太鼓鳥0006

≫ 続きを読む

| 野方・都立家政・鷺ノ宮 | 00時00分 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。