≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲリラ豪酒(喰酔たけし)

酒豪女性が我が家に遊びに来た。
自宅飲みすると私は楽なのだが、妻は仕込みや片付けで大変だ。
日本酒の在庫も、せいぜい3種類ほどしか無い。
3台目の日本酒用冷蔵庫が入ったので、ますます在庫が豊富になった地元居酒屋たけしに、夕方になってから飲みに出かける。
個室に3人で陣取り、まずはビールで喉を湿らせてから、次々に日本酒を制覇していく。

せんきん

t8.jpg

t9.jpg


仙禽、ちえびじん、鍋島、寶剣、亀の海・・・・・

t10.jpg

t11.jpg

t2.jpg




ああー、うまいだっちゃ


t1.jpg



日本酒の銘柄は指定せず、美味そうなやつをオマカセだ。
東鶴英君秀鳳長陽福娘・・・・・

t3.jpg

t4.jpg

t5.jpg

t6.jpg

t17.jpg

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月と星の下で(酒舗 石塚)




新大塚「きの字」で行われた「会津中将の会」に誘ってくれた飲み友から、ミクシィにメッセージが入っていたのを知らず、飲み歩いていた。
休日の朝に早起きしてメールをチェックすると、またもや酒の会のお誘いだ。
しかもメールを見た当日開催ではないか。
酒屋の駐車場で行われる会は、「月と星の下で」なんて洒落た名前が付けられている。
週に一回だけの休肝日のつもりだったから、当然夜の予定は入っていない。
おもしろそうなので、急きょ参加表明した。

会場は武蔵関と吉祥寺の中間あたりで、青梅街道に面した「酒舗 石塚」の駐車場だ。
つまみは一品持ち寄りと書いてあるので、妻に二品作ってもらい、吉祥寺行きのバスに乗って出かける。


石10017




レジで会費の2千円を払い、ネームプレートに名前を書いてから会場を見る。


石20019




まだ集まっていないので、酒屋の店内を見学する。


石売り70001


石売り10001


石売り20002


石売り30003


石売り40004





日本酒は仙禽、羽根屋、雁木、阿櫻、水尾、臥龍梅など魅力的だ。
ビールもワインも焼酎も、なかなかこだわった品揃えに見える。
会が終わってから買い物することにして、駐車場に行ってみる。


石30020


石50022




青梅街道を挟んだ対面は、あんかけ炒飯で有名な「梁山泊」だ。
なにやらアヤシゲなテレビカメラも来ている。
会の案内を良く見ていなかったが、どうやらNHKの取材が入っているらしいのだ。
カメラを避けてP箱テーブルに着く。
西荻在住の飲み友に、エリンギとオトンと書かれたネームプレートの夫婦を紹介してもらう。
エリンギさんは、「気分しだいで食べりゃんせ」という、西荻に詳しいブログの作者だった。
先日西荻のバーで、マスターに教えてもらったばかりなので、本人にお会いして驚く。
その他の客の自己紹介を聞くと、八王子、成増、筑波から、神戸まで居たのでビックリだ。
やがてイシズカ三代目の挨拶で、会がスタートした。
隣りで真面目そうな四代目が、ボトルと格闘している。


石40021




乾杯はベルギーのフランボワーズビールだ。


石酒10001


石酒20003




それぞれ持参したつまみが振る舞われる。


石60023


石食10007


石食20009


石食30010


石食90016


石食100008




しばらくビールが続く。


石酒30004


石酒40005


石酒60006




まだまだビールが続く。
写真は撮り忘れたが、熟成させたアサヒ・スタウトやら、寝かせたヒューガルテンと新しいのとの飲み比べやら。


石酒50006


石酒80008




四代目の情熱あふれる説明と共に、10年間倉庫で寝かせたビールまで出てくる。


四代目0001


石酒70001


いつまで待っても日本酒が出てこず、ビール続きでイライラしそうになっていたが、熟成ビールの美味さに目からウロコがポロポロだ。



≫ 続きを読む

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。