≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美しき日本(互閃)

カウンターだけの和食店が好きだ。
料理が美味くて、手頃な値段で、純米酒が適度に置いてあって、清潔なのが前提だが、美人女将が居たりするとなお嬉しい。
そんな好みの店が阿佐ヶ谷にはいくつかあるのだが、また一軒裏通りに開店しているのを見つけた。
ここ「互閃」は、男性店主が一人でやっているカウンター割烹だ。

gos01.jpg



まだ開店祝いが残る真新しい店内は、白木のカウンターが清々しい。

gos02.jpg



あらかじめ料理は予約してあるので、飲み物のメニューを見てモルツを頼む。
うすはりのグラスで飲むと、美味さが五割増しになるような気がする。

gos03.jpg



カウンターだけの店は、だいたい店主が一人で調理するから、いつ来ても味がぶれないし、料理の過程が見えるのも楽しい。
食材や調理法を聞けるのも嬉しいのだ。

gos04.jpg



前菜が出されたところで日本酒を頼む。
宮城の墨廼江からだ。

gos05.jpg

gos07.jpg



日本酒は錫のチロリできっちりと一合量られ、酒器に移してから供される。

gos06.jpg

gos08.jpg



次の酒も同じく宮城の栗駒山だ。

gos09.jpg



こんどは陶器の酒器で供される。
和らぎ水のグラスもいい。
店主は以前高円寺で店をやっており、その頃からコツコツと器を集めていたそうだ。

gos10.jpg

gos11.jpg



鱧と平目の昆布〆が出たところで、店主から白露垂珠の純米大吟醸をサービスされる。

gos12.jpg

gos13.jpg

gos14.jpg


蔵元の"こずえ"さんから開店祝いで贈られた酒だと言う。
どの酒器も素敵だし、すっかり嬉しくなってきた。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これが池袋(萬家)

新しくなった池袋西武のLOUIS VUITTON前を通り過ぎ、ヤマダ電機裏に飲みに行く。

ban1.jpg

ban2.jpg



表通りはカッコよく変化しても、一本裏通りに入ると、昔ながらのアヤシイ池袋があってホッとする。

ban3.jpg



20年ぐらい前には何回か使ったことがある「風雲」の隣りに、今宵の目的地はある。
馬羅英帝とか歩礼愛とか・・・
オレは魔埜亜だな。
千鶴子、ひばり御殿、みちのく、仔馬などなど、嬉しくなっちゃう店名だらけだ。

ban4.jpg



スナックだらけの昭和な雑居ビルに、居酒屋「萬家」が入っている。
大塚の「地酒屋こだま」から仕入れているので、美味い日本酒があるはずだ。

ban5.jpg



階段で二階に上がり、スナックやラウンジの間を抜けて行く。
素敵過ぎる立地だ。

ban6.jpg

ban7.jpg

ban8.jpg



人世横丁から移転してきた「萬家」の店内は、昭和にタイムスリップしたようだ。

ban9.jpg

ban10.jpg



ほとんど満席だったが、狭いカウンターに空席があった。
最初にもらったビールは、サッポロラガーの大瓶だ。

ban12.jpg

ban11.jpg


≫ 続きを読む

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。