≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連夜の胃もたれ(喰酔たけし)




妻が友人と「喰酔たけし」で飲んでいるとメールが来たので、2時間遅れで合流する。
残っている料理をつまみながら、どんどん日本酒を飲む。
料理も追加オーダーした。


t93054.jpg


t93048.jpg


t93047.jpg


t93046.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おいしいものはおいしいぞ(吟雅)

ガツンとくる純米酒がいろいろ揃い、オーソドックスな和のつまみはもちろん、赤ピーマンのムース、トリュフのオムレツ、マカロニグラタン、ナヴァラン、カルボナーラ、無加水ビーフカレーなどなど、洋風メニューも食べられる店が、阿佐ヶ谷にあると聞いた。
「吟雅」という店の名前に、なんとなく記憶がある。
ブックマークしている日本酒クィーンのブログ「まき子の純米酒を想う日々」にも、酒ごはんコーディネーターというウラヤマシイ仕事を持つ女性のブログ「酒ごはん。」にも、彼女の娘さんのブログ「こごま絵日記。」にも、さらには中央線に詳しい「ウチごはん&ソトごはん」にも、軒並み登場しているのだ。
開店してから一年半足らずで、立地は駅から遠く、元はおそらくスナックだった店舗の居抜きで、席はカウンターのみ6、7しか無い、中年男性店主一人の店なのに、なかなかスゴイじゃないか。

さっそく怪しげな飲み屋街を通り抜け、「吟雅」に向かう。
開店時間ジャストに到着した。


吟外0001




「純米酒 吟雅 酒は純米 燗ならなお良し」
いいねー。
外はまだ明るいが、クラシックが流れる店内はすっかり夜だ。



吟一升瓶0008



店名の吟雅は、おそらく吟醸酒の吟と、店主の名前から一字ずつ取ったのだろう。
店主の名前は近藤雅彦なんだって。
まずどんな物が飲めて食べられるのか、メニューをじっくり見る。
初めての店はこれが楽しいのだ。
つまみのメニューは和風が縦書きで、裏を返すと洋風メニューが横書きで書かれている。
酒は日本酒が大部分で、ビール、焼酎、ワインは肩身が狭そうだ。
考えているうちに、リコッタチーズと豆乳をゼラチンで寄せたお通しが出てくる。


吟リコッタ0007




正面の壁には、前出の「こごま絵日記。」の作者である、7歳の少女の絵が貼られている。


吟絵0008




ぬくもり感じる赤ピーマンムースをオーダーしようと思ったら、二品目のお通しとして用意してあると店主が言う。
最初の日本酒は、壁の絵と同じに十字旭日の「まげなにごり」にした。


吟ムース0006


吟まげなにごり0001




これは数少ない冷蔵庫保管の酒なので、選べる猪口から切子をチョイスした。


吟猪口0009


吟切り子0005

≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。