≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神田で一から十まで(大寅)






日本橋の老舗「蛇の市本店」で行われた羽根屋の会で、銀座OLと同席した。
たまたま通りかかった人形町「新川屋佐々木酒店」で試飲会をやっており、そこで何種か飲んでから日本酒ファンになったそうなので、日本酒歴はまだ一年半だと言う。
何十年も漫然と飲んできた私と違い、蔵元の話や酒の味をしっかりメモしているから、かなり日本酒に詳しい。
その彼女から、翌日も神田で日本酒会があると聞いた。
名前に一から十までの数字が入った酒の会だって。
おもしろい趣向だし会費も安いので、その場で申し込みの電話をしてもらう。
そして翌日、神田駅で待ち合わせして会場のおでん屋「大寅」に行った。


ot01_20120422091341.jpg


ot02_20120422091342.jpg




常連の彼女に聞いていた通り、日本酒は結人をメインにしていることがわかる。


ot03_20120422091343.jpg




地下の店舗に入ると、さっそく一から十までの数字が書かれたメモ用紙を渡される。
まずは今夜用意されている酒を予想してくれと言われる。
ぼやけた記憶をたどり、なんとかメモに書き込んでいく。

一:一白水成、一ノ蔵、東一、本洲一、一品、さ々一、一喜、乾坤一、一会、天寶一、一本義、羽陽一献、會州一と、どんどん出てくる。

二:・・・・・一はたくさん出てきたのに、二は黒龍の二左衛門しか思い浮かばない。

三:三千盛、三千桜、三芳菊、三重錦、三井の寿、三十六人衆

四:十四代、四季桜、笑四季

五:五橋、五凛、田中六五、五十嵐、NEXT5

六:同じく田中六五と三十六人衆、新政六號

七:七田、七本槍、七賢、大七

八:陸奥八仙、八海山

九:十九、九郎右衛門、九嶺、醸し人九平次

十:十右衛門、十四代、十字旭日



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 神田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

馬場で零一二(炎としゃぼん)



ご近所飲み友ばるべにーくん、くまくま夫妻と忘年会をやることになり、幹事をおおせつかった。
クリスマスも近いので、妻はワインの店がいいと言うが、私はやっぱり日本酒が飲みたい。
高田馬場の神田川沿い(通称:裏馬場)にある「炎としゃぼん」なら、フレンチのシェフと和食の料理人が居て、ワインも日本酒もいいのを揃えている。
妻の友人も参加するので、19時から6名で予約を入れた。


忘年会当日は、私とばるべにーくんだけ18時に集合し、高田馬場駅前の焼きとん屋で0次会を始める。


bb01.jpg




生ビールとラークで焼きとんをつまみ、遅刻して集合場所のビッグボックスに行く。
6名で神田川に向かって坂道を下る。
昼間は大行列の「べんてん」前を通り、「炎としゃぼん」に到着した。


bb02.jpg





店頭には全国からの牡蠣がディスプレイされている。
4千円のコースに牡蠣を組み込んでもらったから、楽しみなのだ。


bb07.jpg





シンプルでゆったりした店内に入り、最初はスパークリングワインで乾杯する。


bb03.jpg


bb04.jpg


bb05.jpg


≫ 続きを読む

| 高田馬場 | 12時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タッチの差(日本酒はなおか)




日本酒会は実質的に飲み放題みたいなものだから、いつもより酒量が増えてしまう。
新大塚の「きの字」で、川越の鏡山を13種類2周飲み、同じく13種類の料理を食べた。
かなり酔って満腹だが、このまま帰りたくない気分だ。
しばらく日本酒が飲めない状況になるので、飲み溜めしておきたい。
一名は泥酔に近い状態で撃沈したので、生き残った3人で大塚駅方向に歩く。
三業地の「日本酒はなおか」に到着した。


kk027.jpg


kk029.jpg


kk028.jpg




昨年の暮れに初めて訪れて以来、だいぶ間が空いて二度目の訪問なのだが、店主はしっかり前回のことを覚えている。
汁物と豆腐のお通しで、さっそく日本酒を飲み始めた。


kk032.jpg


kk033.jpg


kk034.jpg


kk035.jpg


≫ 続きを読む

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オンリーワン(つくしのこ)

渋谷の隣り駅池尻大橋に、日本酒好きなら一度は訪れるべき店があると聞いていた。
日本全国の蔵元が、上京の折にはよく立ち寄る店らしい。
膨大な日本酒の品揃えで、目からウロコの見知らぬ酒に、きっと出逢えるはずだとも聞く。
ビールも焼酎も無く、ひたすら日本酒を飲むのだそうな。
そんな素敵な店で飲み会があるとの誘いを受け、詳細も聞かずに参加表明した。
店の名は「つくしのこ」だ。
外観は洋風だが、入り口に下がる酒林と、店内に見える一升瓶が日本酒の店だと主張していた。

つくし外0001



入り口左手には日本酒をたっぷり収納した冷蔵庫があり、店内の壁すべてに酒の品書きが貼られている。

つくし中

つくし壁

つくし品書き0007



手書きの品書きは、それぞれのラベルのロゴを模写してある凝りようだ。
どれぐらいの量かは知らないが、値段だけ見ると手頃に思える。
ほとんどメンバーが揃ったので、主催者が乾杯の酒を注いで回る。
獺祭(だっさい)の発泡にごりがビール替わりだ。

つくし獺0014



この店は料理担当が母で、接客と酒は息子のとおるクンが担当している。
二人だけで全てをまかなっているが、料理も酒もストレス無く出てくるらしい。

つくしとーる

当夜の料理はオマカセで、酒は飲みたいものを好き勝手にオーダーしてくれと言われる。
喜んで!

≫ 続きを読む

| 渋谷・池尻大橋・駒場東大前 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。