≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母ちゃんの誕生日





ご近所居酒屋たけしの母ちゃんこと、店主たけしくんの母親兼、影のオーナー兼、洗い場主任兼、ナンバーワンホステスのシゲちゃんが、めでたく大台の誕生日を迎えた。
もう一人誕生日が近い友人がいるので、合同でお祝いをする。
いくつか候補店を挙げた中から、賛成多数で寿司屋を予約した。


nss01.jpg




ビールで乾杯してから、おまかせでつまみを出してもらう。


2nss07.jpg


2nss08.jpg


2nss09.jpg





この夜は8人居るので、飲みたい酒も様々だ。
私は相変わらず日本酒だが、ひたすらビールとか、焼酎とか、ワインとか、次々に飲み干して行く。


nss06.jpg


nss02.jpg


nss04.jpg


nss05.jpg


nss03.jpg


2tom3.jpg






白子、蟹、うにが入った、贅沢極まりない茶碗蒸し。


2nss10.jpg





甲殻アレルギーの女性の分までもらい、嬉しくなる毛蟹。


2nss11.jpg





当夜のメンバーは、そろそろ食が細くなる年齢の女性が多いので、寿司に辿り着けなくなっても困る。
肉を食べてから、つまみをストップしてもらった。


2nss12.jpg


2nss13.jpg




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| ヒ・ミ・ツ | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寿司で幸せ



酒が好きな友人たちと、4人で寿司を食べに行く。
今夜もおまかせで、つまみから出してもらう。


hmt31.jpg


hmt32.jpg


hmt33.jpg




日本酒は獺祭鯨波根知男山から。


hmt34.jpg




hmt35.jpg


hmt36.jpg


hmt37.jpg





鍋島石鎚いづみ橋


htm43.jpg


htm44.jpg


htm45.jpg





うまいもの連発で、幸せ度MAXだ。


htm38.jpg


htm39.jpg


htm40.jpg


htm41.jpg


htm42.jpg




≫ 続きを読む

| ヒ・ミ・ツ | 15時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴチ2(吉扇)




いったい女子会に年齢制限は無いのだろうか。
妻が銀座の寿司屋「吉扇」で女子会だと言うので、参加メンバーを聞いたら、60代後半の女性も混じっており、平均年齢はほぼ還暦だ。
女子会とは図々しいんじゃないかと言うと、女はいくつになっても女子なのよと、妻と娘に反撃される。
帰宅した妻に聞いたら、ほぼ銀座の中心地にある店なのに、飲んで食べて格安だったと言うではないか。


あまり誕生日が嬉しい歳ではないが、後日銀座に連れていってもらう。
満席でも10数人しか入れない小さな店だ。
6人掛けのカウンターを貸し切って、まずビールを飲み、料理はおまかせする。


gz011.jpg


gz001.jpg


gz002.jpg


gz007.jpg


gz008.jpg


≫ 続きを読む

| 銀座・築地・新橋 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸せはここに




相変わらず満席続きで、なかなか地元駅前寿司屋の「さつき」に入れない。
そろそろ夫婦そろって寿司を食べたい気分が高まってきた。
つまみが充実して、日本酒もいいのが置いてある寿司屋に行こうと、以心伝心で意見が一致する。
以前からヒミツ寿司屋に行きたいと言っていた飲み友に声をかけ、三人でカウンターに並ぶ。


8ng01.jpg


8ng02.jpg


8ng04.jpg




刺身、平貝の磯辺、稚鮎、毛蟹、松茸、煮凝りなどで、いづみ橋、三十六人衆、伏見の桃の滴一品鍋島天の戸を飲む。


8ng03.jpg


8ng05.jpg


8ng07.jpg


8ng06.jpg


8ng08.jpg


8ng09.jpg


8ng12.jpg


8ng10.jpg


8ng11.jpg


8ng13.jpg


口福はここに有り。



≫ 続きを読む

| ヒ・ミ・ツ | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記憶を無くす夜(きたやま)



東京で花街と言えば、赤坂、新橋、神楽坂、浅草辺りが有名だ。
花街には芸妓置屋、待合、料亭の三業種があったことから、三業地とも呼ばれる。
今ではすっかり地味な印象だが、大塚にも三業地が現存している。
三業地のある街には、いい飲み屋も多いのだ。

この大塚には四天王と言われる名店がある。
南口の江戸一、きたやま、北口のこなから、串駒の4軒だ。
先夜は江戸一で飲んだので、当夜は「きたやま」を訪れる。


きたそと




江戸一と同じく、コの字型のカウンターがある酒亭だ。
この夜の年齢層はかなり高い。


きたカウンタ




まずは燗酒で体を温める。
岐阜の三千盛、福井の一乃谷、愛媛の寿喜心と、普段は飲まない銘柄を選ぶ。


きたちょこ




おから、豆腐の味噌漬け、じゃこに、刺身の三点盛り。


きたおから


きたじゃこ0001


きたさしみ




体が温まったところで、冷酒を飲み始める。
広島の本洲一琵琶の長寿蔵人、水戸の一品にごり、静岡の開運、栃木の鳳凰美田、青森の豊盃などなど・・・・・


きたほんしゅう


きた琵琶


きた初


きた開運


きたつぐ


きた豊




むかごと銀杏。


きたむかご




牡蠣レタス巻き。


きたかき


隣席の見知らぬ夫婦と話し込んだので、この後もだいぶ飲んだはずだ。




≫ 続きを読む

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。