≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女ってやつは(呑喰燃じぃま)




このブログにも10回以上登場しているSoul Expressが、子供の日に吉祥寺のサムタイムでライブをやると案内が来た。
妻がご近所居酒屋たけしの母ちゃんとか、Soulと踊りが好きな大先輩に声をかけ、合計8名で予約を入れる。
男は私一人だけだが、手放しで喜べない。
女性チームの最高齢は70歳、平均年齢は60歳という、嬉しいような悲しいような微妙なシチュエーションなのだ。
ライブに行く前に、どこかの居酒屋を予約してくれと妻に命じられ、井の頭通りの「呑喰燃じぃま」を確保した。
お世話役で道案内人の私は、早めに自宅を出発する。
と、妻から電話があり、大先輩の4人チームが揃って来られなくなったと言う。
サムタイムとじぃまに電話を入れて人数変更を詫びる。
待ち合わせ時間の30分前に吉祥寺到着。
ヨドバシ裏の飲み屋街を探検する。


k10735.jpg


k10739.jpg




蕎麦、うどん、タパスと酒があるBar Samico。


k10736.jpg




タイ料理で日本酒が飲めるラコタ。


k10737.jpg





吉祥寺のつくね王と呼ばれる焼鳥せんなり瓢箪。


k2314538.jpg




美味い魚介と青森酒の魚秀。


k10738.jpg




店主の顔が店名になっている、みかづき酒房。


k10740.jpg




燗酒大王のカイ燗。


k10783.jpg




個性あふれる個人店が点在し、わくわくする裏通りだ。
まだ時間があるので井の頭公園に行き、ドナテロウズ閉店の悲しいお知らせを目にする。
猫たちの行方が心配だ。


k02865.jpg




待ち合わせ場所の吉祥寺駅に行くと、珍しく時間ぴったりに現れた妻が、「たけしの母ちゃんに急用ができたので、サムタイムだけ来るって」と言う。
当日になって8人の予定が3人って、私が飲食店の立場なら怒るぜ。
またもや店に電話を入れ、8人分飲み食いするつもりで「じぃま」に行った。


k10742.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かすがいクンと赤坂の夜(馳草 宮わ)

私と妻は学生時代からの付き合いだから、すでに人生の半分以上を一緒に過ごしている。
付き合っていた頃は、家の黒電話で毎日のように長話していたのに、今ではメールも電話も用件のみだ。
息子は独立し、娘は渡米中なので、家で二人きりで食事してもつまらないから、外食が多くなる。
顔見知りが居る方がおもしろいので、地元の行きつけ店に行く回数が増えるのだ。
この日は妻が赤坂に用事があり、どこかで飲もうと言い出したので、ばるべにークンにも付き合ってもらう。
妻と二人きりなら、「せっかく赤坂に来たんだからワインが飲める店がいいわ」と言うに決まってるし、会話も弾まないだろう。
ばるべにークンが居れば日本酒の店に行ける。
子は"かすがい"ならぬ、ばるべにークンが"かすがい"だ。


ask01.jpg



どこも予約していないが、まだ早い時間だから、5軒ぐらいある候補店のどこかに入れるだろう。
赤坂に着いてから「馳草宮わ」に電話すると、「席は空いているが、お酒を飲みますか?」と聞かれる。
もちろん飲むに決まってると答える。
最近は酒を飲まずに食事だけする客が多いので、営業的に困っているのだそうだ。
テーブル席を確保して、「宮わ」に向かう。


ask02.jpg


ask05.jpg



エビスで乾杯し、二種のお通しをつまむ。
とうもろこし豆腐が美味い。


ask15.jpg


ask07.jpg




すぐに出るつまみから茄子とポテサラを選び、さっそく日本酒に切り替える。
モヒカン娘長珍、喜久だ。


ask09.jpg


ask13.jpg


ask08.jpg


ask06.jpg



モヒカン娘があるってことは、酒の仕入れは新井薬師のあそこだな。
美味い美味いとつまんでいると、最初に頼んでおいた刺身と、海苔のサラダが登場する。


ask10.jpg


ask11.jpg


ask03.jpg


≫ 続きを読む

| 赤坂・乃木坂 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜台でモヒカン三人娘(とりとやさい梁)





巣鴨に移転した蕎麦屋「菊谷」を出て、久しぶりに池袋から西武線に乗る。
最近は副都心線や有楽町線ばかり乗るので、小竹向原経由になり、椎名町、東長崎、江古田、桜台に行くことがほとんど無くなった。
比較的空いている各駅停車に乗ったので、飲み友から聞いていた桜台の新店を探検してみる。
駅前の総菜屋「若菜」の上と聞いていたので、途中下車した途端に店を発見した。


ryo01.jpg



デザインし過ぎて読みにくいが、店の名前は「とりとやさい梁」だ。
飲み友情報によると、日本酒も少々置いてあるし、バイトのオネーサンはカワイイらしい。


ryo02.jpg



たしかに可愛いオネーサンに迎えられ、カウンター席に座る。


ryo04.jpg



仕入先がすぐにわかる日本酒も置いてあった。


ryo003.jpg



いきなりモヒカン三人娘を制覇する。


ryo06.jpg


ryo10.jpg


ryo07.jpg


ryo12.jpg


ryo08.jpg


≫ 続きを読む

| 桜台・練馬 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新井薬師でハンダース(味ノマチダヤ&酒道庵之吟)





車で都心に出かけた帰り道に、新井薬師の酒屋「味ノマチダヤ」に寄る。


arai1.jpg


arai2.jpg




目移りしながら酒の棚を眺める。


arai3.jpg


arai4.jpg


arai5.jpg


arai6.jpg




結局ここでしか買えない、「味ノマチダヤ」オリジナルのスーパー晩酌酒を4本買う。
一升瓶で1900円以下と、抜群のコストパフォーマンスで美味い。
さらにマチダヤから至近距離の酒屋にも立寄る。
新井薬師の魚介居酒屋「焼串」の仕入れ先である、酒道庵之吟(これぎん)だ。


arai12.jpg


arai11.jpg




こちらでは鳳凰美田の愛山と梅酒を買う。
店主に勧められるままに、八戸の〆鯖も追加する。

≫ 続きを読む

| 新井薬師・沼袋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モヒカン娘とモヒカン男(喰酔たけし)

地元を離れてあちこち飲み歩くと、石神井公園の行き着けの店が懐かしくなる。
地元贔屓も少しはあるが、公平な目で見ても、どこもかなりレベルが高いと思うのだ。
今宵は駅から自宅への途中にある、居酒屋「喰酔たけし」の階段を上がる。

た看板0009


料理も日本酒の品揃えも、頻繁に変化しているので、2週間ほど行かないと、浦島太郎的気分を味わえる。
すっかり夏の酒が出揃っているので、とりあえず目ぼしいところを出してもらう。
東村山の地酒「屋守(おくのかみ)」の夏の直汲み純米中取り生。
東京の地酒では一番好きだな。
が、私が最後の一滴まで飲み干したので、今シーズン分はもう終わりらしい。

た屋0003

た屋夏0008


久しぶりにお目にかかる、茅ヶ崎の「天青」夏の純米吟醸。
旨みを感じる他の純米酒に比べ、さっぱりスッキリし過ぎて物足りないかも。
だから夏向きなのか。

た天夏0002


三重の而今、滋賀の「萩の露」に、ご存じ静岡の磯自慢、広島「賀茂金秀」の蔵元が作る風雅伝承。
た而0005

た萩0006

た酒器0008

た磯0004

た風0009






モヒカン娘の醸造元である、青森県の豊盃(ほうはい)純米しぼりたて。

た豊0007

モヒタケ0002

モヒタイ0001

そしてモヒカン娘を持つ、モヒカン男二人。
残念ながら、シャンプーした時の手応えが年々薄れてきている私には、モヒカンの仲間入りは無理っぽい。

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山形産だんでろ




地元石神井公園の居酒屋「喰酔たけし」の母ちゃんと、日本料理「海音」の奥さんは山形出身なので、店に行くと月山筍や、庄内浜の海産物や、山形名物の芋煮を食うことができる。
帰省した時のお土産を頂いたりすることもあるので、いろいろ山形食材を口にする機会が増えた。
もちろん山形県の日本酒も数多く飲んでいる。
最近飲み仲間の女性と話していたら、銘酒「十四代」を作る高木酒造の奥さんは、同級生だったと言うではないか。
そんな訳で、我々夫婦の間では、山形に行きたい熱が高まってきた。
少し調べただけでも、魅力的な場所や店がたくさんあるので、二泊三日ぐらいでは後悔しそうなのだ。


夕方になって妻からメールが来た。
またどこかで外食しようと書いてきたのかと思ったら、「山形の食材があるので、早めに帰ってきて」だって。
行きたい店の上位にリストアップしていた、庄内のイタリアン「アル・ケッチァーノ」が、銀座に出した支店に行き、ついでに土産を買ったらしい。
山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」に、アル・ケッチァーノの支店「ヤマガタ・サンダンデロ」が入っていると言うのだ。


山形リーフ0001




山形の地酒は自宅に無かったので、同じ東北つながりで、青森の「モヒカン娘」を冷蔵庫から出す。
まずは豆腐に「だしっ」を乗せる。


だしモヒ0001




見た目は普通だが、「おかひじき」はかなり美味くて気に入った。


山形海草0006




山形産のグリーンアスパラは、牛肉で巻いて焼く。


山形アスパラ0004



≫ 続きを読む

| 銀座・築地・新橋 | 00時00分 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

浴衣でモヒカン(味ノマチダヤ)

新井薬師の商店街でランチを食べ、住宅街を「味ノマチダヤ」に向かって歩く。
ここは日本酒好きな人なら、一度は訪れたい聖地だ。
新井薬師駅の近くで、日本料理店も経営していると聞く。
駅から結構距離があるにも関わらず、この日もかなりの人が続々と訪れて来た。

マチダ外0003

マチダたる0001


膨大な種類の純米ワンカップや、美味そうな酒肴に目がくらむ。

マチダワンカップ0002

マチダ食品0004


もちろん日本酒の一升瓶は、きっちり冷蔵庫で管理されている。

マチダ冷蔵庫0002


この扉の奥は低温をキープしており、お宝が眠っているのだ。

マチダ杉玉0004

マチダ部屋0003


目的の酒を持ってレジに向かうが、飲食店の人が大量購入するので、なかなかすんなりと順番が来ない。

マチダレジ0001

≫ 続きを読む

| 新井薬師・沼袋 | 00時00分 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。