≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

普通ではない(春駒)





時々コメントを頂くAyaさんという方から、「池袋に日本酒がたくさん置いてある、おもしろい店があります」とのタレコミがあった。
Ayaさんのご主人がたまたま通りかかって、びっくりした店だと言う。
超B級店とも書いてあったので、妻と新規開拓するのはためらわれる。
そうだ!こんな場合に絶好の同行者が、ご近所に居るではないか。
ばるべにーくんを誘って行ってみるが、この日は残念ながら臨時休業していた。
後日またもや"ばるべにー"くんと再訪する。
店頭に置かれた黒板を見ると、なるほど素敵なラインナップだ。
一合が平均600円ぐらいだから、値段はかなり安い。


hk01.jpg




店内は大衆的な雰囲気で、狭いが居心地は良さそうだ。


hk02.jpg




冷蔵庫には日本酒が入り、焼酎やバーボンも置いてある。


hk05.jpg


hk18.jpg




つまみの値段もかなり手頃だ。


hk06.jpg




まずはエビスの生で乾杯し、あらためて卓上の日本酒メニューを見る。


hk03.jpg


hk04.jpg




半合のグラスも用意されているから、二人で全種制覇もできそうだ。
信濃鶴と天吹からスタートする。


hk07.jpg


hk08.jpg




庭のうぐいす房島屋、死神、三芳菊・・・・・


hk09.jpg


hk10.jpg


hk11.jpg


hk12.jpg




天野酒ソガ・ペール・エ・フィスと飲み進む。
三芳菊はパイナップルジュースのようだったが、どの酒も美味くて幸せだ。


hk13.jpg


hk14.jpg


hk15.jpg




なんとなくカンが危険を告げていたのだが、埼玉越生の来陽に挑戦してみる。


hk16.jpg




「・・・・・・やられた」
なぜ三割五分まで磨いて、糖類を加えてしまうのか。
しかし強烈なインパクトがある酒で、きっといつまでも記憶に残る味だ。


hk17.jpg




気を取り直して、るみ子の酒、十字旭日、深山桜佐久乃花を飲む。


hk19.jpg


hk20.jpg


hk21.jpg


hk22.jpg


他の客はどんどん入れ替わったが、我々は腰を据えて好みの酒をほぼ制覇する。



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

池袋で日本酒愛(裏や)

かつては池袋の東口に、わかんざ、もみじや、呑菜という、私の寄り道トライアングルがあった。
どの店も日本酒の品揃えが良く、料理もそこそこ美味かったのだが、次々に閉店してしまい、最後の「もみじや」も3月に消えてしまった。
もみじやの跡地に、居抜きで日本酒の店がオープンしたので、ヤマダ電機で買い物した後に行ってみる。
池袋西口の酒菜家や、神楽坂の醸蔵の系列店で、名前は「地酒遊楽 裏や」だ。

ura01.jpg

ura02.jpg



地下の店舗への階段を降りる。

ura03.jpg



この日が開店初日で、まだ薄暮の時間なのに、すでに店内では多くの客が日本酒を飲んでいる。

ura05.jpg

ura04.jpg



冷蔵庫には開栓されていない一升瓶がたっぷり入っているので、早くもワクワクしてくる。

ura06.jpg

ura07.jpg



ビールを飲み、お通しをつまみながらメニューを見る。

ura11.jpg

ura08.jpg

ura20.jpg

ura09.jpg

ura10.jpg


≫ 続きを読む

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏休みのおかげ

炎暑の東京を逃れて旅に出たり、お盆に帰省したりした方たちから、いろいろとお土産をいただく。
今宵はお土産の酒で晩酌だ。
食前酒は小布施に旅した飲み友から頂いた、ソガ・ペール・エ・フィスのシュトゥルムにする。
スクリューキャップではなく、王冠なのが珍しい。

resize1012.jpg

resize1013.jpg


妻の友人から頂いたココファームのワインに合わせ、洋風のつまみが出てくる。

resize1008.jpg

resize1005.jpg

resize1002.jpg

resize1003.jpg

resize1006.jpg


ココロゼはすぐに空き、赤も飲む。

家シャトー0002

≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

100分の1(和酒バーしもみや)

東中野の「大成」で程よく酔い、ほぼ満腹になってはいたが、向かい側にある「和酒バーしもみや」がどうしても気になる。

s5.jpg


伯楽星の一斗樽と、窓辺にずらりと並ぶ一升瓶を見たら、入らずにはいられない。
カウンター10席ほどの小さな店だが、日本酒の量はさすがにすごかった。

s8.jpg


先客がちょうど席を立ち、客が我々だけになった時間に、200種あると言う日本酒の冷蔵庫を撮らせてもらう。

s3.jpg

s10.jpg

s4.jpg

≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニシトコソバ(久呂無木)

初上陸を果たした西所沢で、飲んだ後の〆蕎麦を食べに行く。
名前だけは知っていた「久呂無木」だ。

くろ1

くろ2


いい雰囲気の店なので、蕎麦だけではもったいない。
日本酒のメニューから、唯一飲んだことが無い地元埼玉「麻原酒造」の武蔵野を選ぶ。

くろ3

くろ5


つまみの出汁巻き卵は絶品だった。

くろ7


酒を追加するか、蕎麦に行くか迷う。
メニューに出ていない酒があるのか聞くと、店主が二本出してきた。
小布施のソガ・ペールエフィスと、麓井の夏吟だ。
素敵なラベルを見てしまったら、どちらも頼まずにはいられない。

resize0485.jpg

くろ9

くろ8

≫ 続きを読む

| 所沢・入間・飯能・秩父 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あさりとひじきポテサラ(きの字)



東京メトロ丸の内線の新大塚駅は、かなり地味な存在だ。
盛り場のJR大塚駅までは至近距離だし、池袋の隣り駅だから、住民以外で新大塚駅を目指す人はほとんど居ないように思う。
文京区生まれの私は、新大塚駅周辺にも友人が住んでいるので、駅の位置は知っているが、乗り降りしたことは皆無に等しい。
ところがお気に入りの酒亭を見つけたので、最近立て続けに新大塚駅を利用しているのだ。
この夜はJR大塚駅から数分歩いて「きの字」に向かう。


き暖簾0006

きカウンター0002



目立たない駅の裏道にある、半地下の店だから、フラリと通りかかる客は皆無だろう。
とりあえずビールを飲み、リンゴと鮪のお通しをつまみながら、黒板メニューを眺める。

きビール0003

き通し0011



平目、めじまぐろ、やりいかは盛り合わせにしてもらう。

き刺身0005



一杯目の日本酒は、小布施ワイナリーが作るソガ・ペール・エフィス。
ワインに見えるが、美山錦が原料の日本酒だ。
こいつは旨い。

き小布施0002

≫ 続きを読む

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。