≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2424(にしおぎおぶち)





何も予定が入っていないはずの日曜日。
昼ごろ起きて来た妻が、「武蔵境で友だちと会うから、車で送ってね」と言う。
いくらヒマ人な私でも、送るだけで武蔵境に行くのはもったいない。
用事が済んだら沿線のどこかで飲むことにし、バスと電車を乗り継いで行くことにした。
妻が友人と話をしている間に、私は「にしおぎおぶち」に予約の電話を入れる。

すると話が済んだ妻が、「友だちのご主人も後から来るので、一緒に飲みに行くことにした」と言う。
すぐに電話を入れて4名に変更する。

しばらくしてご主人到着。
車で迎えに来たから、飲みに行けないと言うので、またもや「にしおぎおぶち」に電話を入れて2名に変更。

「いいじゃない、ご主人が飲まなければ」とか、「車を置いて後から来れば」とか言う妻。
妻の友人もその気になって、「あなた、車を置いてから西荻に来て」と命令している。
どこの家でも夫婦の力関係はこんなもんだ。
結局この日4回目の電話をして、4名で最終確定予約した。


n13747.jpg




テーブル席は他の予約が入っているので、カウンターに横並びで座る。
ビールを飲みながら、友人のダンナが来るのを待つ。


n13751.jpg


n13752.jpg




しばらくしてダンナ到着。
料理はコースでお願いし、あらためて鶴齢の雪男と、美人杜氏の月の輪で乾杯した。


n13741.jpg


n13743.jpg




その後友人夫婦は焼酎に切り替え、我々は日本酒で通す。


n13742.jpg


n13745.jpg


n13746.jpg


n13744.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西荻で京都の夜(にしおぎおぶち)





チェーン店や大型店は好きではない。
カウンター中心の店で、店主が調理している様子を眺めたり、時には会話しながら飲むのが好きだ。
中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻と、中央線のどこの駅にも私好みの店が満載だし、次々に新星が登場するから、一生かかっても行き尽くせないほどだ。
この日は西荻の「おぶち」に行ってみる。


ob01.jpg


ob02.jpg



ここは西荻に詳しい知人から、いい店だと聞いていたが、念のため出かける直前にネットで検索しておいた。
まだ出来てから日が浅い店なので、情報量は多くなかったが、良さそうな予感はする。
カウンターも奥のテーブル席もぎっしり埋まっており、たまたま空席があったのはラッキーだったようだ。
ビールを頼んでから、卓上の品書きを見る。


ob03.jpg




お通しの牛肉佃煮は日本酒に合いそうなので、大事にキープしておく。


ob04.jpg


ob10.jpg


ob005.jpg




東北酒は200円を募金すると書いてあるから、さっそく福島の国権に切り替える。


ob13.jpg




次も山形の大山を選ぶ。
最初の瓶は撮り忘れたが、忙しそうだから冷蔵庫から出してもらうのは遠慮する。


ob11.jpg




日替わりの品書きから選んだ、かつおのなめろうと、とうもろこしの天ぷらが出てくる。


ob06.jpg


ob07.jpg


≫ 続きを読む

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京滋の酒を堪能する





京都の旅は初日から目一杯スケジュールが詰まっている。
とうがらしおじゃこを買い込んでタクシーに乗り、京都駅に引き返す。
近鉄に乗って奈良で知人と会い、すぐさま大津の友人たちと待ち合わせている京都駅に戻った。


高島屋ツリー0001




当夜の食事は、京都の地酒が飲める居酒屋をリクエストしてある。
駅前でタクシーに乗り、麩屋町通りの居酒屋「あんじ」に向かった。


あんじタワー0003




いいねー、この雰囲気も。


あんじ外0003


あんじ旗0006




かなりの人気店らしく、一階も二階も満席で、待ち客も居る。


あんじ店内0004


あんじ店内20005




人気の秘密は値段の安さとボリュームで、私としては日本酒の品揃えも魅力的だ。


あんじメニュー0001


あんじ酒メニュー0004




メニューも見ずにミセス大津が頼んだのは、お造りの盛り合わせと、魚介の炭火焼き。
3千円ほどなのに、ドドーンと舟盛りで出てくるのが嬉しい。


あんじ舟盛り0008


あんじ焼き物0006


あんじ七輪0002




もともと東京生まれのミセス大津だが、関西在住歴20年を越えると、ファッションセンスはザ・カンサイだ。
いいねー。
妻がすごく地味に見えてくる。


あんじ大津20002


あんじ大津10001



≫ 続きを読む

| 京都・大津 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。